党員名簿

NEXT >>

No 党員名 HP Mail 映画派or小説派 名場面
1 新木岑 や、やっぱ映画っスよ!
キチ〜クな大将がタマランです…(´Д`;
映画、原作共通であのヘンネス・アンヌーンのデートシーン。
どっちをとっても大将の計算高さが伺える場面でした。
2 みづきたかや 原作派(笑)あの高潔な(でも女を口説く事は忘れない)人格が好きです。でも映画版もアレはアレで良いと思うようになりました。大人になったねワタシ。 原作の出会いから別れまで。
3 江澄 真名 原作の生真面目で尋問魔なところがLOVE。ファラミアは「小さい人」予知夢を最初に何度も見てるあたり、もう運命的。映画は指輪による強制見合いとは考えもつきませんでしたー。意固地で陰険な味も捨てがたい。 映画ときたらいきなり「手を縛れ。」きっと目隠しも断りなしでギューギュー。
フロドは「ボロミアに似てる・・・」って思ってて、トラウマ渦巻いてるし。ようやく最後に高潔人格モードで、今後の交際やいかに?!
4 鵜飼丸 どちらと言われると悩ましいけど、鼻息荒くなっちゃったのはやはり映画です(フガフガ!) 原作ではファラミアがフロたん抱えて寝かしつけるところv
映画では『禁断の池』シーンでしょうか。訴えかけるフロたんを見つめるファラミアの目つきが素晴らしかったので。
5 櫻井悠 映画ですっ!!!
ソフト鬼畜っぽくて素敵ですvv
オスギリアスの砦で、フロドの前にひざまづいて
(確か)「貴方をやっと理解できた」と言う場面!!
今までの鬼畜さは何処へやら〜というかんじでv
フロドと初めて対面したときの妖しい眼つきは何なんだ!?
6 有澤 郁 どっちでも可です。でも混同視はして無いです。
どっちもキ☆〜クで良いです。愛です。
原作なら別れ際のデコチューvです。
映画なら、ナズグルが飛来するシーンで、ファラミアが「ここに隠れていろ!」(だっけ?)とフロドに言うところです。とにかく愛です。
7 ヒロ 映画派かな?
どちらにしても,鬼畜人な彼が好きですv(笑)
やっぱり,「手を縛れ」の所でしょうか・・・ニヤリ。
大将,SMごっこはいけないよvvv
でも!!!チュウがなかった!!!(涙)えーん。
8 りの 映画でハートを打ち抜かれた派。です。
ファラミアのカッコ良さとエロ臭さに悶え、フロドの色っぽさに鼻血を出した人です。
映画ではあの服から指輪を剣で出すシーン!エロオヤジなファラミアに乾杯!完敗!
原作ではフロドを起こすシーンが大好きです。
無駄に覆い被さる大将が大好きです。
9 あゆら 映画派です!鬼畜っポイところが・・・!!///
原作の方は読んでないので・・・(泣)
映画で、ファラが剣でフロドの指輪を触った所が!!vvv
フロドの肌は白いしファラはなんかヤらしいし〜と、一人悶えてしまいました・・・!!
10 姫卯 桃音 メンタル面で行き届いているのは原作ですが、ビジュアル的には映画で完成されたので映画6:原作4位の割合で。妄想のしがいは映画のがあります。苦労してそうなとこも萌。執政兄弟バンザイ。 原作→別れ際のハグ&デコチューと禁断の池に呼び出すシーン。映画→剣の切っ先で指輪ポロリシーン。映画のあの涼やかな紳士的ビジュアルで、やることなすことムッツリというのが私的にたまりません。